うつ病の誤解と偏見を斬る
2015.09.24 Thursday 08:14
『うつ病の誤解と偏見を斬る』(日本評論社)坂元薫


シルバーウイークの連休も終わりました。

私は、日曜にゴルフに出かけたほかは、たまった仕事を片付け、10月4日に迫った特定行政書士考査の勉強などをして過ごしました。

さて、先日のいのちたいせつキャンペーンで講演いただいた坂元薫先生が、講演の中でも紹介されていたこの本。

うつ病についてよくある誤解・偏見について、わかりやすく述べられています。

たとえば、「現代型うつ病」について。

日本語の「うつ」という言葉が持つ多義性のゆえに、そもそもうつ病の診断基準を満たさないものまでもうつ病であるかのようにとらえたうえで、それを「うつではない」と言ってしまうような、何重もの誤謬が隠されているという問題。

あるいは薬物療法について。

多剤・大量投与や少量の薬剤の漫然投与といった問題がたしかにあるとしても、薬物療法を過剰に敵視し、治療を妨げてしまうような問題。

CBT(認知行動療法)などの心理療法が、患者によっては大変大きな効果をもたらすことは事実だとしても、「薬物かCBTか」というような極端な二者択一的考え方を持つ人たちの存在。

そういう人が、良かれと思って患者にする「アドバイス」の危険さ。

多少、専門用語も出てきますが、分かりやすく解説されているので、臨床家等の専門家でなくてもじゅうぶん読めます。

おススメです(^^♪

いつも応援ありがとうございます!
ぜひ下のボタンをクリックして,今日も応援の一票をお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
| 司法書士戸井洋木 | 書評 | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Recommend
Recommend
心のメッセ-ジを聴く (講談社現代新書)
心のメッセ-ジを聴く (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
池見 陽
ジェンドリンの直弟子である池見先生が、ロジャーズ、ジェンドリンについてわかりやすく語った良書。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
auther
profilephoto
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM