和歌山市生活支援課、生活保護課との懇談
2015.10.20 Tuesday 08:11
昨日は、生きるための「なんでも相談村」実行委員会として、和歌山市の生活支援課、生活保護課との懇談会を行いました。


相談村実行委員会では、毎年、市に申入れ、懇談を実施しています。

こちらから、事前に要請書を提出しており、それに対する回答を受ける形で議論が進みました。

民間住宅の家賃代理納付(これは支援者にとってとても大事なこと)の制度は、平成29年度に実施予定とのこと。

公共交通機関が不便な地域も多い和歌山では深刻な自動車の保有についても、原則は不可ながら、事情によって個別に判断してくれるとのこと。

一番議論が白熱したのは、申請から原則14日以内の開始決定を求めた件。

生活保護法では、特別な場合に限って30日までの延長が認められているのですが、和歌山市では原則が30日になってしまっている印象。

切羽詰まった状態で保護申請した人のなかには、1か月も待てないケースもたくさんあります。

議論は平行線でしたが、市の説明によると申請から開始決定までの時間は徐々に短くなってきているとのことで、これからも監視と要請を続けていく必要があると感じました。

生活保護行政が徐々に改善されつつあるのは、私も感じているところで、これからもこの流れを変えないよう、注視していく必要がありますね(^^♪

いつも応援ありがとうございます!
ぜひ下のボタンをクリックして,今日も応援の一票をお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
| 司法書士戸井洋木 | 公的活動 | comments(2) | - | pookmark |
Comment
こんにちは、昨日はじめてブログを拝見しました。
私は、個人で葬祭業(お葬式のアデュー)を営んでいます。大手の葬儀社さんがあまりやりたがらない、低価格のお葬式を主にしています。
依頼者の方は、生活が困窮されている方や、生活保護受給者世帯の方です。依頼者のなかには葬祭扶助のことを知らない方が度々おられます。生活保護課の担当者に直接、私共が連絡を取り葬祭扶助を受けられるようになったこともありました。
この様な方が他にも沢山おられる様にも感じています。
私は、様々な事情でお葬式にお金をかけられない方にもっと知っていただけたらと常々、思っています。
戸井さんのブログを見てこのような懇談会が開催されている事を初めて知りました。生活困窮者のかたのためにこれからのご活躍を願います。私共もブログやホームページで発信しています。お時間がございましたならば覗いて頂けたら幸いです。私共でお役に立てる事があれば是非ご連絡下さい。

ホームページ
http://sougi-wakayama.com/

ブログ
http://ameblo.jp/osousiki-adieu
2015/10/23 11:39 AM posted by: 戸井
コメント、ありがとうございます。
またお世話になるかもしれませんね。
よろしくお願いします(^^♪
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Recommend
Recommend
心のメッセ-ジを聴く (講談社現代新書)
心のメッセ-ジを聴く (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
池見 陽
ジェンドリンの直弟子である池見先生が、ロジャーズ、ジェンドリンについてわかりやすく語った良書。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
auther
profilephoto
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM