過酷な帰路
2016.04.18 Monday 07:25
昨日、富山から帰ってきました。

たいへんでした!

朝、すごい風が吹いているなあとは思っていたのですが、そのことがこんなに影響するなんて…

富山のホテルを出たのが朝8時30分ごろ。

駅で土産などを買い、北陸新幹線に乗ろうとしたところ、ダイヤが大幅に乱れている様子。

とりあえず、早く脱出しようと、急いで金沢に向かったのは良かったのですが、金沢ではサンダーバードが走っておらず、いつ運転を再開するかもわからないとのこと。

9時30分ごろに臨時列車が出るということで、何とか席を確保。



その電車が大阪に向かって走り始めたのは、なんと午後4時!

いつ動き出すかわからないし、一人だから荷物を置いてウロウロするわけにもいかないし、狭い座席でじっとしているのは本当に苦痛でした。

サンダーバードが出発してからもスロー運転で、新大阪に着いたのが午後7時ごろ。

本来、予約していたくろしおには当然乗れないので、そのあとに来たくろしおに飛び乗り、何とか和歌山に。

事務所にたどり着いたのは午後9時前でした(^_^;)

やはり自然には勝てないなあと思いました。

いつも応援ありがとうございます!
ぜひ下のボタンをクリックして,今日も応援の一票をお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村  
| 司法書士戸井洋木 | 雑記 | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Recommend
Recommend
心のメッセ-ジを聴く (講談社現代新書)
心のメッセ-ジを聴く (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
池見 陽
ジェンドリンの直弟子である池見先生が、ロジャーズ、ジェンドリンについてわかりやすく語った良書。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
auther
profilephoto
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM